「医療機器製造販売業」の記事一覧(2 / 5ページ目)

化粧品や医療機器の顧問契約は弁護士さんでしょう

化粧品製造販売業 医療機器製造販売業 多いトラブル

化粧品製造販売業や医療機器製造販売業の許可を取得して事業を営んでいく上で 多々のリスクに備える必要が出てきます。 考えられる、リスクとしては、  例1.製造販売業が薬機法(旧薬事法)に従った運用ができているか 例2.広告・・・

薬監証明(化粧品や医療機器を社内見本として輸入する)

化粧品製造販売業 医療機器製造販売業 多いトラブル

薬監証明(輸入報告書)を使用すれば、製造販売業の許可、製造販売届(認証、承認)を持っていなくても輸入通関することが出来ます。 化粧品製造販売業や医療機器製造販売業の許可を取得する前や製造販売届(認証、承認)をしていない場・・・

老眼鏡を輸入する方法

医療機器製造販売業

老眼鏡を海外から輸入するための基礎知識です。 老眼鏡は薬機法(旧薬事法)でクラス1(一般医療機器)の医療機器に該当します。 海外メーカーから直接輸入して販売するためには 第3種医療機器製造販売業の許可 以上が必要になりま・・・

医療機器製造業、製造販売業の設備について

医療機器製造販売業

医療機器を輸入販売するために、医療機器製造販売業や医療機器製造業の許可を取得したいとお考えの方が心配になるのが、我社の設備で許可が取れるのだろうか?どんな設備を入れないといけないのだろうか?ではないでしょうか。=>先に結論書きますが特別なものは何もいりません。

医療機器の出荷判定について

医療機器製造販売業

医療機器の出荷判定とは、その医療機器が標準書通りに製造されているか、市場(消費者)へ出荷しても安全かなどを検討して、可、不可を判定するものです。 出荷判定には、混乱しがちですが、製造所出荷判定、市場出荷判定の二つが必要で・・・

ページの先頭へ