「多いトラブル」の記事一覧(2 / 4ページ目)

化粧品に使用できる色素(着色材):海外化粧品の欠番はなぜあるのか

化粧品製造販売業 多いトラブル

日本の化粧品基準により、化粧品に使用出来る色素(着色材)は結構少ないのです。 例えば海外の有名ブランド化粧品のシリーズもので日本では欠番になっているのがありますが、 なぜ、海外では販売されているのに日本の正規代理店*では・・・

大阪府の化粧品製造販売業務手順書モデルについて

化粧品製造販売業 多いトラブル

大阪府の薬務課でも化粧品製造販売業務手順書モデル をネットに公開しています。 大阪府薬務課さんとしては、モデルであり修正する事を前提にしているのですが、そのまま使用してしまう業者さんがいるのです。 結論:使用する場合は、修正、追加する項目が多いですのでコンサルさん等に見てもらった方が良いです。

化粧品や医療機器の顧問契約は弁護士さんでしょう

化粧品製造販売業 医療機器製造販売業 多いトラブル

化粧品製造販売業や医療機器製造販売業の許可を取得して事業を営んでいく上で 多々のリスクに備える必要が出てきます。 考えられる、リスクとしては、  例1.製造販売業が薬機法(旧薬事法)に従った運用ができているか 例2.広告・・・

薬監証明(化粧品や医療機器を社内見本として輸入する)

化粧品製造販売業 医療機器製造販売業 多いトラブル

薬監証明(輸入報告書)を使用すれば、製造販売業の許可、製造販売届(認証、承認)を持っていなくても輸入通関することが出来ます。 化粧品製造販売業や医療機器製造販売業の許可を取得する前や製造販売届(認証、承認)をしていない場・・・

化粧品や医療機器での手順書の運用で重要な事

化粧品製造販売業 医療機器製造販売業 多いトラブル

化粧品製造販売業、製造業  医療機器製造販売業、製造業 これらの業務を手順書や品質マニュアルに従って行うのですが、 運用で一番重要なことは何か?って考えてみました。 全ての基本は、文書の管理と記録の管理にあると思います。・・・

化粧品や医療機器を販売のために輸入したが通関で止まってしまった。

化粧品製造販売業 医療機器製造販売業 多いトラブル

化粧品や医療機器を販売のために輸入したが、通関で止まってしまった。 こんな事例が結構あります。こんな時の対処方法になります。 普段から雑貨などを輸入販売している方に多いトラブルなのですが、 化粧品も医療機器も薬機法(旧薬・・・

ページの先頭へ