タイトルは刺激的ですが、大阪府の化粧品手順書のひな形をダウンロードして
そのままま、何も修正しないで(理解してないので修正出来ないのでしょうが)使用してしまい、許可を取ってしまった製造販売業者さんなどの悲劇(許可の更新の時になって何も記録が出来ていない)です。

こちらのサイトに入ってくる検索キーワードのなかで、「市場出荷判定」で入ってくる方は関西(特に大阪地区)の方が多いのですが、

たぶん理由としては、市場出荷判定の手順(概念)が理解できないので、市場出荷判定のやり方が分からないのではと想像します。
(他県の方でも市場出荷判定や運用についてのご質問されてくる方は、よくよく聞いてみると、やはり大阪府の化粧品手順書のひな形をダウンロードしてそのまままの製造販売業者さんです)

なぜ、市場出荷判定の手順が理解出来ないかと言うと、
たぶんですが、大阪府の化粧品手順書のひな形をダウンロードしただけでは、この辺りが理解しにくいためではないでしょうか。(もちろん大阪の手順書モデルそのままでも最低限のことは入っているのですが、未経験者には分かりにくいってだけです)

大阪府薬務課さんとしては、業者が修正する事を前提にしているので、このひな形自体は否定しないのですが・・・・許可を出す時にひな形のままだった場合にはもう少し指導して頂いた方が有り難いでしょう、でないと、更新の時に何も出来ていないって事が多々ありますので。

大阪の手順書モデルをそのまま使用してしまった時の問題点:
大阪府の化粧品製造販売業務手順書モデルについて

今、お使いの手順書では下記の問題が発生していませんか?

●市場出荷判定の概念が理解出来ていない。

●製造所の管理の概念が理解出来ていない。

●GQP(品質管理)とGVP(安全管理)の連携の概念が理解出来ていない。

●その他・・・・

化粧品製造販売業や化粧品製造業の運用を行うためには、
GQP手順書、GVP手順書だけでなく、この位の手順書は最低必要とお考えください。




不明点等ありましたら、お問い合わせから 質問して下さい。