たまにですが、勘違いされる方がいますので。

手作りした石けん(石鹸)や手作りした香水を販売したいのですが?

雑貨としてなら、OKでしょう。

しかしながら、体に使用する石けん(石鹸)や香水は薬機法(旧薬事法)に該当しますので
化粧品製造販売業や化粧品製造業の許可を取得する必要があります。

許可を取るためには、
総括製造販売責任者や責任技術者など薬事三役と呼ばれる方が必要になりますが、
誰かいますか?

私、手作り石けんの資格、手作り香水の資格を持っています。

化粧品製造販売業、化粧品製造業とは薬機法(旧薬事法)に縛られる許可になりますので
薬機法(旧薬事法)に存在しない、「手作り石けんの資格 や 手作り香水の資格」は役に立ちません。

薬事法なら知り合いに、薬事法管理者かコスメ管理者の資格を持っている方がいます。

これらは公的な資格ではありませんので、総括製造販売責任者や責任技術者など薬事三役にはなれません。

化粧品製造販売業、製造業の資格要件についてはこちらをご覧ください。


まとめ:
「手作り石けん(石鹸)の資格 や 手作り香水の資格」は
作り方を教えて楽しんだり、ご自分で使用して楽しんで下さい。
または、体に使用しない商品としてください。
「薬事法管理者」「コスメ管理者資格」は薬機法(旧薬事法)の資格ではありません。

不明点等ありましたら、お問い合わせから 質問して下さい。