化粧品登録とは何? 化粧品製造販売業とは?

化粧品登録と言う言葉をたまに聞いたり見たりします。

このサイトの無料QAにも、「化粧品登録したいのですがどのようにするのでしょう?」なんて質問が来たりします。

がしかし、

化粧品登録 なんて言葉は薬機法(旧薬事法)にはありません。
よくサイトなどで化粧品登録済み って書かれてるのは、その方が一般消費者の方に伝わりやすいから、ただそれだけだと思います。

薬機法(旧薬事法)で化粧品として販売するためには、
(化粧品とは、身体に使用するもの全てですので、石けんや香水などもすべて化粧品です)

1.事業者が、化粧品製造販売業 と言う許可を都道府県から受けて
2.その許可を取った事業者が販売したい化粧品それぞれ1品毎に化粧品製造販売届 と言う届を都道府県に届ける

大雑把に言えば、これだけです。
なので、
例えば、「うちは国の許可持ってますから」とか、「国の承認を受けた化粧品ですから」
なんてのは、大間違いであり、誇張した言い方であることがこれですぐに分かるでしょう。
(こんな業者には注意して下さいね)

*医薬部外品(薬用化粧品なども)の場合には承認になります。

サイトなどで「化粧品登録済み」の表現は、上記の1.と2.を行ってますよ~という事を
一言で表している訳です。

では、1.と2.それぞれがどんな事をしているかが気になりますよね。

1.の化粧品製造販売業の許可を都道府県から受ける
この化粧品製造販売業の許可を持った会社が市場(世の中、マーケット)で売られているこの会社の化粧品についての責任社です。
どこの工場、どこの国で製造したとか関係なくて、全てはこの会社の責任においてへ販売する事になります。
化粧品毎に貼られる(表示される)法定表示と言う法律で決まった内容にはこの製造販売業の社名、住所、連絡先が表示されます。(製造工場の名前は書きません)

みなさん、この許可を取るのは大変だろ~と思うかも知れませんが、
この製造販売業の許可を取るには、
総括製造販売責任者と呼ばれる方がいる事
化粧品製造業で求められる業務システムを所持する事(システムって言っても、ITではありません、業務手順です)

この2つをクリアするだけです、
普通のオフィス(事務所)で十分です。

2.の化粧品それぞれ1品毎に化粧品製造販売届を都道府県に届ける

化粧品製造販売届 と言う届出書を商品毎に都道府県へ届します。
この届出書で書くのは、販売名や製造所(どこの工場でどのように製造したか)です。

良く勘違いが有りますが、
商品の成分とかを提出はしませんし、
試験結果レポートとかの提出も有りません。

そうなんです、
この化粧品が日本の化粧品基準に合致しているとか・・・
実際に現品の成分分析しているとか・・・・・・

全ては、届出を出す、事業者(化粧品製造販売業者)の自己責任において担保することが前提となります。

なので、ちゃんとやってる化粧品製造販売業者 と そうでない業者では、大きな差が出てきます。

まあ、いい加減な化粧品製造販売業者の化粧品は、あとあと回収と言うしっぺ返しが発生しやすいのですがね。




不明点等ありましたら、お問い合わせから 質問して下さい。