化粧品品質標準書は、化粧品製造販売届を行った販売名毎に作成することになります。

化粧品の品質標準書モデルひな形をテンプレートとして使える記載例を書いたwordソースのものをこのサイトの化粧品手順書一式では提供しています。

化粧品品質標準書は各都道府県からモデルひな形が公開されているのですが、モデルひな形の記載例が簡易すぎて何を書いたら分からないと言う方が多数おられます。(都道府県の化粧品品質標準書モデルひな形の記載例はexcelで1枚だけのためです)

化粧品品質標準書は、化粧品製造販売業の更新調査(実地調査)で一番みられるところです。

化粧品品質標準書が作成されていないというのは、更新調査(実地調査)において致命的と思います。(化粧品品質標準書を作成していない会社さんは無いでしょうが)
問題はその品質標準書の内容が十分か?という事です。

このサイトの手順書一式では化粧品の品質標準書モデルひな形テンプレートを提供しています



ご自分で作成した化粧品品質標準書は
 それを見て作業出来ますか?
 それを見て出荷判定の方法が分かりますか?
 それを見てどんな試験をするかわかりますか?
 その品質標準書は関係者に周知されていますか?
 その品質標準書は更新履歴(版数)管理されていますか?
 
 など・・・・・全ての事が化粧品品質標準書を見ればわかるようにしなければなりません。

化粧品品質標準書を作るのは、「更新等で見られるから」というて考え方ではどうしてもなおざりになるでしょう。

その化粧品に関する情報を品質標準書に蓄積していくんです。
そうする事により、例えば担当者の引き継ぎにも簡単ですよね、立派な会社の資産です。

これらは、化粧品製造販売業の中で仕事した方でないと、実務運営経験が無いので難しい話ではありますので、
化粧品製造販売業者での経験者に指導を受けたりした方が良いと思います。

ただ一つ言える事は、品質標準書がA4で1枚で済むなんてことはあり得ませんから。
(どうしても、各都道府県のモデルひな形がExcelで1枚で出来ているために勘違いしてしまうようです。そこから別紙●●として膨らむんです)

不明点等ありましたら、お問い合わせから 質問して下さい。