化粧品には法定表示といいまして、日本語で表示する項目が決まっています。(薬機法第61条)
あくまで、日本語なのです。
輸入化粧品を見て下さい、商品の裏側とかに、日本語で書かれたラベルとか貼られていると思います。(これ、たまに貼ってない化粧品とかありますが、密輸入された商品である可能性があり、違反になり回収になります)
この日本語で書かれたラベルを化粧品製造業(包装・表示・保管)の許可のある場所で貼る作業を行います
(化粧品製造販売業の許可ではこの作業は出来ませんので注意です、また、化粧品製造業の許可の無い倉庫では出来ません)

注意:この法定表示をあらかじめ、海外の製造所で貼ったり印刷したりしてもOKです。しかし、輸入した商品は法定表示の作業が無くても、港(空港等)からは、化粧品製造業の許可を持った場所へ入庫しなければなりません。(市場出荷判定までの一時保管のためです)

表示内容は
東京都薬務のHPがわかりやすいので、こちらを見て下さい。 
東京都の化粧品法定表示に関するHP

化粧品の表示については、医薬品医療機器等法とは別に、容器包装リサイクル法や公正競争規約により要求されている事項がありますので、ご注意ください。 
例えば、表示に関する公正競争規約として次のものがあります。
・化粧品の表示に関する公正競争規約
・化粧石けんの表示に関する公正競争規約
・歯みがき類の表示に関する公正競争規約

経験の無いうちは違反しやすいので、
ラベル案を作成して、都道府県薬務課で見てもらってOKを貰ったほうが安心です。

また、このサイトで提供している化粧品の手順書一式には、化粧品法定表示作成手順書が含まれています。