化粧品や医療機器を輸入して日本で販売する時に問題となるのが、
キズ・汚れ・凹みのなどの外観の見た目です。

もちろん、商品としての効能・効果や機能は満たしている事が前提なのです。

原産国(生産国)では気にならないキズ・汚れ・凹みでも、日本の消費者は見た目も含めての価値なので、
一番厄介な問題です。
もちろん、キズ・汚れ・凹みは無い事 としてしまえば一番なのでしょうが、
なるっきり無いとなると良品が取れなくなってしまいますので、どこかで線引きが必要でしょう。
(高級ブランドを追及して、なるっきり無いとするのは悪い事ではないですが)

日本での品質管理としての外観検査においてこの辺りを見るのですが、
作業者の官能評価で行うと、人によってOKだったりNGだったりと混乱してしまいます。
==>だれがやっても同じようになるように標準化が必要となるわけです。

それを防ぐために
品質標準書、製品標準書や検査手順書などで、このあたりを数値化しておいて
検査の作業者へ教育していきます。==>教育訓練の実施が必要

良くあるのは、きょう雑物測定図表を用いて、この大きさのもの以下で〇個以下 とします。

この、この大きさのもの以下で〇個以下を決めるのは、
営業部門の確認も必要と思いますので、決して品質管理部門、ましてや薬事部門だけで行わないようにしないといけませんね。 
(こんな事当たり前なのですが、手順書を薬事部門が作成していて、勝手に作成した・・・なんて笑い話は良くあります)
*ここで、文書管理手順としての文書作成、変更の工程が効いてきます)

不明点等ありましたら、お問い合わせから 質問して下さい。