化粧品製造業許可(包装・表示・保管)申請のFD申請の入力方法を順番に説明します。(チョット長いですがお付き合いください)

化粧品輸入と製造販売業許可から実運用まで
の4. 化粧品製造販売業や化粧品製造業に関わる申請はFD申請システムを使用します を行って出来た、
FD申請アイコン画像
のアイコンをクリックしますと。
FD申請の初期画面が出てきます。
FD申請立ち上げ後
新規作成をクリックすると、様式の選択画面が出ます。(何の様式を新規に作成するかってことです)
FD申請選択1
様式番号での一覧絞り込みの所に B03 といれますと (FD申請では全ての様式に様式番号があります)
化粧品製造業FD申請B03選択
画面上の、B03:[化粧品]製造業許可申請書 の所をクリックして(ブルーに変わります)、 ①の了解をクリックしますと、化粧品製造業許可申請の入力画面になります。

化粧品製造販売業許可申請の入力

化粧品製造業FD申請申請選択

化粧品製造業許可で必要になるのは上部タグにある、共通ヘッダ~備考になります。
化粧品製造業FD申請タグ一覧

上部タグの共通ヘッダを押しての入力画面です

化粧品製造業FD申請共通ヘッダ入力
①提出先の都道府県がプルダウンで選択できます。
②提出年月日(和暦)を入れます。(提出日は、都道府県薬務課に持ち込む日ですので、事前に予約が必要な都道府県は予約した日です)
ここから、申請者の内容です。
③業者コードの申請者(業者コード登録票のFAXに書かれてきた、下3桁000のもの)コードをハイフンなしで9ケタで入れます。
④管理番号は同日提出のFD申請が複数ある場合の連番ですので、同日に化粧品製造販売業で001を使用してますので、ここでは、002で良いでしょう。
⑤郵便番号を半角で入れます。(123-4567)
⑥申請者の住所を登記簿と同じに入れます。
⑦法人名ふりがなを株式会社等は除き、全角入力で入れます。
⑧法人名を株式会社等も含めて、全角入力で入れます。
⑨代表者氏名ふりがなを肩書き等は除き、全角入力で入れます。
⑩代表者氏名を肩書き等も含め、全角入力で入れます。
ここから、担当者の内容です。
⑪郵便番号を半角入力で入れます。(123-4567)
⑫担当者の住所を全角入力で入れます。
⑬担当者氏名ふりがなを全角入力で入れます。
⑭担当者氏名を全角入力で入れます。
⑮担当者連絡先の電話番号、FAX番号を半角入力で入れます。(所属部課名があれば、全角で)
⑯再提出情報はプルダウンで新規提出にします。
⑰手終了コードをクリックして=>手数料プルダウンで、化粧品製造業許可(包装・表示・保管)(都道府県知事)を選びます。




上部タグの申請の別を押しての入力画面です

化粧品製造業FD申請申請の別入力
ここは、何もしなくて(このままで)良いです。

上部タグの製造所の名称/所在地を押しての入力画面です

化粧品製造業FD申請製造所の名称所在地入力

①製造業の製造所の業者コードを入れます。(業者コード登録票のFAXに書かれてきた、下3桁001のもの)*化粧品の場合、製造販売業の主事務所も製造業も同じ場合は、同じ下3桁001を使用するようです)
②名称は、業者コード登録票に書いた製造所等の名称です。
③ふりがなは、業者コード登録票に書いた製造所等のふりがなです。
④所在地は、業者コード登録票に書いた製造所等の住所です。

上部タグの許可の区分を押しての入力画面です

化粧品製造業FD申請許可の区分入力
①プルダウンで化粧品 包装・表示・保管 を選択します。

上部タグの製造所の構造設備の概要を押しての入力画面です

化粧品製造業FD申請製造所の構造設備の概要入力
①別紙のとおり と入れて下さい。(申請書と一緒に提出する別紙に書きますので)

上部タグの管理者または責任技術者を押しての入力画面です

化粧品製造業FD申請管理者又は責任技術者入力
①管理者、責任技術者区分は、プルダウンで、化粧品責任技術者 を選択します。
②兼任区分は、化粧品製造販売業の総括製造販売責任者と兼任している場合は、プルダウンで化粧品製造販売業を選択します。
③責任技術者の氏名を全角でいれます。
④責任技術者の氏名のふりがなを全角でいれます。
⑤責任技術者の住所を全角でいれます(責任技術者の雇用契約書で書いた被雇用者の住所とあっていることです)
⑥責任技術者が薬剤師さんだった場合にはここに入力した内容が表示されます。
(次の画面の資格の別入力で入れます)
⇒のところ、資格の別入力をクリックしますと、資格の別入力画面になります。
化粧品製造業FD申請資格の別入力

化粧品製造業FD申請資格の別選択

表示された資格の種類の中から、責任技術者の資格を選択します。
化粧品製造販売業、製造業の人的要件の説明のページの化粧品製造業の責任技術者の資格 の所に書かれているのを選んで下さい。

薬剤師を選択した場合には、
化粧品製造業FD申請資格の薬剤師
①登録番号
②登録年月日
を入れて下さい。

選んだら、設定 をクリックしてから、閉じる をクリックしますと、前の画面に戻り
資格の別の所に設定した内容が入っています。

上部タグの業務を行う役員を押しての入力画面です

化粧品製造業FD申請業務を行う役員入力
①氏名  を全角でいれます。
②ふりがな を全角で入れます。
化粧品製造業の許可の申請時に添付する書類等の業務分掌表で書いた役員をすべていれますので、代表以外に担当役員が分掌表にあれば、繰返しを押して複数入れます。

上部タグの申請者の欠格事項を押しての入力画面です

化粧品製造業FD申請申請者の欠格事項入力
3.2 化粧品製造業(包装・表示・保管)の取り方(前準備)の化粧品製造業の許可の申請者の要件で説明した欠格事項に該当するかを入れます。
そもそも、欠格事項があれば申請出来ませんので、①~5までは、なし(役員が代取1人の場合)、全員なし(代取以外に分掌表で他の役員がいる場合)と入れます。

上部タグの備考を押しての入力画面です

化粧品製造業FD申請備考入力

①ここは、備考なので、なんでも書けるのですが、都道府県によって何を書いて欲しいかってのもありますので、事前確認が必要です。
例えば、化粧品製造販売業の許可と同時申請する場合に、登記簿や医師の診断書は1通だけにしたいときに、年月日申請の製造販売業許可申請書に添付のため省略 とかです。

入力でのチェックを行いましょう

各タグでの入力画面にチェックというのが、右上の方になります。
これを押すと、入力ミス、未入力のチェックを行ってくれます。
最下段にある一括チェックというのは、すべての入力に対して、入力ミス、未入力がチェックしてくれます。
*全角で入力しないといけない所に半角で入れるとエラーです。(ほとんどが全角だと思って下さい)

入力した内容を印刷します。(提出用申請データDTDの印刷です)

化粧品製造業FD申請ウインドウ
化粧品製造業FD申請申請データー一覧表示
化粧品製造業FD申請申請DTD一覧印刷

許可申請書の鑑(表紙)を印刷します。

化粧品製造業FD申請鑑の印刷

提出用出力(提出用のデータ出力です)

化粧品製造業FD申請提出用出力
あらかじめ、デスクトップに出力用のフォルダーを用意しておくと便利です。
(出力先を指定でこのフォルダーを指定します)

保存しましょう

保存をクリックして、名前を付けて、保存します。
保存場所は、FD申請システムの中のフォルダーなので、自分で指定することは出来ません。

保存した申請書は、立ち上げ後の初期画面で、オープンで開くことが出来ます。その後、修正してください。

提出用データをCDに書き込みしましょう

できれば、CD-R でなくて、CD-R/W の方が間違った時にやり直しできるから良いです。
上で出力した、フォルダーから、CDへ書き込みします。
書き込み方は、各PCの手順に従って下さい。

このページの書いてる事がわからない、もう少し細かく説明して欲しい==>お問い合わせから、質問してください。