化粧品を輸入して販売するには何から手を付けたら良いか?
海外で見つけた化粧品を輸入して販売してみたい。
海外で見つけた石鹸、香水、ハンドクリームなどを輸入して販売してみたい。
海外の取引先から化粧品を日本で輸入販売してみないかと勧められた。
海外の化粧品販売でネットショップを開きたい。

化粧品を輸入するための資格とかあるのか?、どんな法律があるのか?、輸入通関はどうやって通すのか?・・・・・・・など知りたい事はたくさんあると思います。

まずは、その化粧品について調べる必要があります。

その輸入化粧品に含まれる成分原料は日本国の化粧品基準で認められているものですか?
(禁止成分はありませんか? 規制成分は規制値以下ですか?)
その商品は日本国では化粧品に該当しますか?
(化粧品で謳える効能効果以外をPRしたいなら、医薬品、医薬部外品にする必要があります)
化粧品を輸入したいときに、まずは確認すること

化粧品は雑貨のように簡単に輸入販売できません、理由は化粧品は薬機法(旧薬事法)に縛られる商品だからです。

何も知らないで、海外で販売用に化粧品を大量に買い付けて日本の輸入通関で止まってしまい、泣く泣く廃棄したとか・・・・

もちろん、個人輸入した化粧品を販売するのは、違法になります。

化粧品を海外から直接輸入して販売するには、化粧品製造販売業という許可を都道府県から取得する必要があります。
しかし、この化粧品製造販売業の許可を取得するためには、様々な要件(参入障壁)があります。

まずは、
化粧品の場合、販売だけなら許可はいらない を読んで頂き、許可が必要か不要かを判断してください。

次に
その化粧品を社内評価したり、分析したりする必要があると思います。
1個2個なら問題ないでしょうが社内見本や分析機関へ分析依頼するための本数ですと
化粧品製造販売業の許可をもって、化粧品製造販売届を出していないと輸入通関出来ません。

この時点では、許可など持っていないでしょうから、販売をしない事を前提に
薬監証明(化粧品や医療機器を社内見本として輸入する) で輸入通関することになります。




化粧品に関係する許可が必要となった場合には、2つの方法があります。

①自社で許可(化粧品製造販売業許可)を取得する
  ざっくり言えば、有資格者が必要になるのがハードル
②化粧品の許可を持っている業者へ依頼する
  さっくり言えば、大量ですと費用がかさむのがハードル

上記の①②にはそれぞれ良い点、悪い点があります。それぞれの長所を理解して選択しましょう。
化粧品製造販売業の許可取得と輸入代行の比較を読んで頂き、双方の利点等を検討してみて下さい。

検討した結果、
①自社で許可(化粧品製造販売業許可)を取得して、海外から化粧品を直接輸入する場合は
化粧品製造販売業、化粧品製造業の許可申請は自分で簡単に
このサイトを利用した、化粧品製造販売業許可の取得
を読み詳細に検討してください。

②化粧品の許可を持っている業者へ依頼する場合は
化粧品輸入代行、医療機器輸入代行(自社で許可を取るのを不要とする方法)
を読み詳細に検討してください。



不明点等ありましたら、お問い合わせから 質問して下さい。